現役コントラクトMRのブログ

CSO企業所属の現役MR(医薬情報担当者)が、コントラクトMRの実情と製薬企業MRとの違い、製薬業界での情報について投稿します。またヘルスケア関連書籍を読み、現役MRの視点で感想をお伝えします。

CSO企業への転職について・・・

皆さん、こんばんは。

今日は、CSO企業への転職についてお伝えします。

 

CSO企業への転職のイメージ

皆さんはどういうイメージをお持ちでしょうか。

MRになりたい異業種出身の方が転職するところでしょうか。

リストラにあったMR経験者の方が転職するところでしょうか。

 

どちらも正解です。

但し、最近では異業種出身の方、40代後半以上の方の中途採用の門戸はかなり狭くなってきていると思います。

 

理由としては、製薬企業側がCSO企業側に未経験MR・40代後半~ベテランMRの契約を控えている、MR未経験・ベテランMRの需要が減っているところにあると思います。

 

コントラクトMR数が急激に増えた時期

・2009年 2,375人

・2010年 2,932人 +557

・2011年 3,521人 +589

・2012年 3,211人 △310

・2013年 3,957人 +746

・2014年 4,139人 △182

・2015年 3,986人 △153

・2016年 4,054人 +68

・2017年 3,667人 △387

【参考】2018年版MR白書・コントラクトMR所属数

https://www.mre.or.jp/info/pdfs/2018hakusyo-9-12.pdf  

 

コントラクトMRが担当する領域

今までは、SOV(シェアオブボイス)が必要とされていた生活習慣病領域(高血圧・糖尿病・脂質異常症など)を担当されることが多かったコントラクトMR。

 

でも、今はそうではないんです。

・オンコロジー領域

・スペシャリティ領域

・希少疾患領域

においても、コントラクトMRはおります。製薬企業に所属しているMRの方にとって、上記3つの領域にいれば「安泰」と思っているかもしれませんが、そういう状況でもなさそうです。

 

コントラクトMRの年収

MRの年収は比較的高い部類に入りますが、コントラクトMRはそうではありません。

主要CSO企業の事例をいくつか紹介します。

 

A社

リクルートの項目を見ましたが、自由に見ることができませんでした。

IDとパスワードの項目があったため、非公開にしているようです。

 

 B社

【年収】正社員  480~750万円

    ※希少疾患領域においては、経験能力に応じてと記載あり

    ※未経験MRの採用あり

    契約社員 300万円

    

・C社

【年収】正社員 480~750万円

    ※スペシャリティ領域の募集あり

 

・D社

【年収】正社員 400~750万円

 

なお、どの募集にも年齢の記載はありませんでした。

 

ただし・・・

会社は待ったなしで利益を確保するためにやれる事はコモデティ人材と呼ばれる代替えのきく仕事を固定費から変動費に変える作業です。要するに給与と年齢の高い真面目なMRをリストラし、それをコントラクトMRに変えること、それが次のステップになります。そうなると製薬企業はコントラクトMRの数を自由にコントロール出来、利益率を確保できます。

利他的精神とワクワクの話 | MR-NETは、MR(医薬情報担当者)とMRを志望する方のために作られた、日本初のMR専用ブログサイトです

40代後半~ベテランMRをCSO企業がコントラクトMR正社員として採用しているという話を聞いたことがありません。現状は厳しく、年齢の高いベテランMRは今やコントラクトMR(正社員)にさえなれない状況にあります。

 

まとめ

・CSO企業への転職は以前と現在では変わった

・コントラクトMRの担当領域は、オンコロジー領域も希少疾患領域もある 

 

 

本日の内容は以上です。

 

#製薬企業 #CSO企業 #CSOMR #コントラクトMR